臨床心理士になるには

臨床心理士になるためには、(公財)日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験に合格することが求められます。昭和63(1988)年12月に第1号となる臨床心理士が誕生して以来、平成28(2016)年4月1日現在で31,291名の臨床心理士が認定されています。

臨床心理士の資格は、原則として、臨床心理士養成に関する指定大学院または専門職大学院を修了し、所定の条件を充足したうえで、臨床心理士資格審査(年1回の筆記・口述試験)に合格した場合に、(公財)日本臨床心理士資格認定協会が認定するものです。(その他に諸外国で指定大学院と同等の教育を受けた場合、もしくは、医師免許取得者の場合にも資格審査を受けられる場合があります。詳しくは、(公財)日本臨床心理士資格認定協会のページをご覧ください。)

また、資格取得後も5年毎に資格更新審査が行われ、心理臨床能力の維持発展のために、研修や研究が義務づけられています。

 

資格認定に関するお問い合わせ先

(公財)日本臨床心理士資格認定協会
〒113-0033 東京都文京区本郷 2-40-14 山崎ビル702
TEL : 03-3817-0020 FAX : 03-3817-5858

参考図書:「臨床心理士になるために」(誠信書房)
(公財)日本臨床心理士資格認定協会監修