メール配信にかかわるガイドライン

「メール配信のご依頼について」のページに戻る

メール配信サービスで情報を配信する際のガイドライン

一般社団法人京都府臨床心理士会のメール配信サービスは、研修会や求人の案
内など、会員の皆様に役立つ情報をすみやかにお届けすることを目的としています。
配信する情報は、以下のガイドラインに則って扱われます。ご理解、ご協力をよろ
しくお願いいたします。

メール配信サービス運営ガイドライン
配信の原則
1.配信情報は即時に配信することで会員の役に立つものであること。
2.営利目的の活動や特定の個人または団体の利益を目的とする活動の情報は
    原則として配信しない。

求人情報
3.求人情報は、臨床心理士、心理職、その他会員の専門性に関係するものを、
    事務局と渉外・広報担当が協議して配信する。
4.求人情報が著しく不明確であるものや、条件、求人元に社会常識からみて
    問題があると考えられるものについては、配信しないことがある。
5.求人情報には、求人元の名称と連絡先、勤務内容、勤務条件(勤務日、
    勤務時間、賃金、等)および求人に関する問い合わせ先が含まれていること
    を原則とする。

研修会情報
6.研修会等の催しの情報は会員の専門性に関係するものを配信する。
7.一般社団法人日本臨床心理士会、各都道府県臨床心理士会が主催する研修会
    の情報は、事務局の依頼を受けて配信する。
8.一般社団法人京都府臨床心理士会各部局が開催する研修会の情報は、部局の
    依頼を受け配信する。
9.臨床心理士の職能に関わる諸学会、大学、関連公的機関等の主催する研修会
  情報は事務局と渉外・広報担当が協議して配信を決定する。
10.個人または個別の研究会等が主催する研修会・講座等の情報は、一般社団法
    人京都府臨床心理士会正会員3名以上の推薦がある場合に配信依頼を受け付
    け、事務局と渉外・広報担当が協議して配信を決定する。
11.研修会等情報には、主催者の名称と連絡先、タイトル、日程、場所、参加
  条件、参加費、問い合わせ先、推薦者名(個人又は他団体主催の場合)を記載
  することを原則とする。

その他の情報
12.求人、研修会以外の情報については、事務局と渉外・広報担当が協議して
  配信を決定する。

配信情報の利用責任
13.配信された情報は各会員個人の責任において慎重に利用していただくこと
  とする。

ガイドラインの改廃と修正
14.本ガイドラインの改廃および修正は一般社団法人京都府臨床心理士会理事
    会の議を経て決定する。

平成29年4月7日 一般社団法人京都府臨床心理士会第1回理事会 改正