臨床心理士の活動の場

臨床心理士の働く領域は多くの分野に渡り、以下のようなさまざまな職場で活躍しています。

 

・医療・保健

精神神経科・心療内科・小児科などで心理相談に応じています。緩和のケア、慢性疾患、高齢者の医療などの場においても患者本人や家族の心理相談を行っています。精神保健福祉センターや保健センターでは、引きこもりの家族相談や、アルコール依存症・薬物依存症の家族教室、思春期相談などを行っています。災害被災時などにおける心の危機にも対応しています。

活動場所:病院、診療所、精神保健福祉センター、保健所、保健センター、リハビリテーションセンター、老人保健施設、県や市町村の相談窓口など

・教育

学校では、いろいろな事情で集団行動に困難のある生徒や学生、その保護者の心理相談に応じています。教育センターでは、生徒や保護者の心理相談を行うほか、適応指導室での指導も実施しています。

活動場所:公立教育相談機関、教育委員会、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、予備校(職名は、スクールカウンセラー、教育相談員、保育カウンセラーなど)

・福祉

子育て支援の場では、発達の相談や子育ての相談に携わります。その他、虐待やDV被害を克服するための相談、障害を持った子どもや大人の療育・相談や支援にもあたります。

活動場所:児童関連(児童相談所・市町村子育て支援担当課、さまざまな児童福祉施設)、障害関連(身体・知的障害施設、療育施設、発達障害支援施設など)、女性関係(女性相談センター、DV相談支援センター、婦人保護施設、母子生活支援施設など)老人福祉施設(特別養護老人ホーム、養護老人ホームなど)

・大学・研究所

臨床心理学の研究・臨床心理職の養成を行うほか、多くの機関に、学生相談室や臨床心理センターなどが設置されており、学生や地域住民の心理相談を行っています。

活動場所: 大学(学生相談室を含む)、短期大学、専門学校、研究所・研究機関、大学付属臨床心理センターなど

・司法・法務・警察

家庭裁判所では調査官として、少年事件や家事事件(離婚訴訟等)関わります。鑑別所では少年の特性を踏まえた処遇を検討し、刑務所でも、臨床心理士が、受刑者にカウンセリングをしたり、集団療法を実施したりしています。また、警察では、少年非行に関する相談を受けているほか、犯罪被害者への支援も行っています。

活動場所:司法関係機関(家庭裁判所など)、法務省関係機関(少年鑑別所・少年院・刑務所・保護観察所など)、警察関係機関(相談室・科学捜査研究所など)

・産業・労働

職場におけるメンタルヘルス対策を助言・指導し、また、企業内の健康管理センターや相談室での相談に対応しています。

活動場所:企業内健康管理センター・相談室、外部EAP(従業員支援プログラム)機関

公共職業安定所、障害者センターなど

・私設心理相談

個人または組織で運営する心理相談機関において、様々な悩みに対応し、クライエントの人間的成長を支援しています。

上記は一例であり、すべての機関の窓口に臨床心理士が常駐している、あるいは対応しているわけではありません。また、これらの事象のすべてに個人の臨床心理士が対応しているわけではなく、所属している施設や機関、組織等の中で、それぞれの領域の援助活動をしています。

(一社)京都府臨床心理士会では,本会が直接個人の方へ、臨床心理士や相談機関を紹介することは行っておりませんが,次のページから検索することができます。

(一社)日本臨床心理士会 「 臨床心理士に出会うには」 http://jsccp.jp/near/