menu

本会について

会長挨拶

(一社)京都府臨床心理士会は、京都府内に在住、在勤または在学して活動する臨床心理士が運営する一般社団法人です。さて、2017年に一般社団法人となって第2期の理事会が2018年5月に誕生しました。第2期会長として、一言ご挨拶をさせていただきます。

臨床心理士とは、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する心理専門職のことです。1988年に臨床心理士の有資格者が初めて誕生して今年(2018年)で30年を迎えることになりましたが、これまで、わが国でこの領域をずっとリードしてきた資格です。

資格認定協会のホームページには、以下のように臨床心理士の専門性が記されています。

「臨床心理士は、人(クライエント)にかかわり、人(クライエント)に影響を与える専門家です。しかし、医師や教師と異なることは、あくまでもクライエント自身の固有な、いわばクライエントの数だけある、多種多様な価値観を尊重しつつ、その人の自己実現をお手伝いしようとする専門家なのです。」

この宣言は、私たち臨床心理士の領域横断的な活動を支える理念をよくあらわしていると思います。専門細分化が進むこの現代社会の中で、その社会に暮らす私たち一人一人は、細分化された社会の機能に分断されそうになりつつも、一人一人がこの社会と全体的にかかわり、一個の人生を営んでいます。一人一人の国民がそれぞれの人生を営むこと、そのお手伝いをすることが私たちの専門性であり、そこには医師でも教師でもない独自の視点をその本質において備えています。

そして、だからこそ、教育、医療・保健、福祉、司法・矯正、労働・産業等の多領域での人々の暮らしの支援に携わることができるのです。

私たちは京都府における臨床心理士の団体として、京都府下に暮らす皆様に安心して心理的支援を提供できるよう、専門家としての会員の倫理意識、専門技術をつねに高め、向上していく所存です。


一般社団法人京都府臨床心理士会会長

濱野 清志